演劇とゴシップガールの不思議な関係

映画、テレビのドラマも物語を表現している媒体があります。
しかし、演劇とはこれとは違った魅力があります。
(笑顔)これらの媒体と演劇は全然違うと言うことです。
そんな路線での表現方法を利用していると言えます。
それは1回演劇を見てみると分かるかと思いますが、感情を表す表現方法が大げさなことが挙げられます。
(笑) これは一目で分かりやすいと思います。
また、そうした表現方法により臨場感を生み出していると言っても良いですね。
怒り、悲しみと言った感情は演じている側だけでなく演劇を見ている観客も一緒に共有しやすいと言えます。
演劇は、映画やテレビとはちょっと違っています。
例えば、感情表現やセリフがあります。
これらが大げさだと言うことがあります。
ドラマ、映画は、何となく娯楽と言う感覚で見る人が多いかもしれませんが、もちろん演劇だってその娯楽の1つになると言えます。
そう思うのですが、その作品自体が完成されたものとなっているからです。
脚本、役者、音楽、演技、これら全部を含めて1つの作品として演劇は仕上がっています。
また映画とかドラマは、主人公の目線でその物語感を感じていくような感じだと思います。
しかし、それに対して演劇の場合は、その見方が凄く広いと言えます。
それが特徴だと思います。
このような魅力が演劇にはあると思います。
是非一度見てみてみると良いですね。
(笑顔)。
最終回まであらすじが気になるゴシップガール全シーズン動画を無料視聴するには?